セスジスズメが黒川

重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。

ブリッジでもいいですよと言われましたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラントの方が良いと考えました。

自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それも皆無とはいきません。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に起因することが多いといえます。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に出会おうとすれば、海外で治療を受けるということも考えていきましょう。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界中の歯科医が研修を受けています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、できるだけ幅広く情報収集するのが成就への第一歩です。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプに分類することができます。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれており、それぞれ特性が異なります。

最近話題になることも多い治療法であるインプラント。

ですが、気に留めておくべきポイントがあります。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

出会い系サイト静岡県浜松市|人妻(不倫)美人のセフレ
いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を用いているのです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、その全額が自費になるのが普通です。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安や誤解がないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です